THE LAST PENGUIN...

日々考えたことや誰かの役に立ちそうなことを書きとめておこうと思います。

シンガポールで購入!ハイセンスな日本未入荷子供服&ベビー服ブランド6つ

“ジンジャースナップ”

世界中から様々なブランドが集まっているシンガポール。子供服も例外ではない。手ごろなものから高級品まで幅広く手に入る。日本では、ユニクロなど安価でしっかりした品質の商品が手にはいるがデザインや遊び心にかけるもの事実。海外ブランドでは、色使いやデザインなどの選択肢が広いので、女の子の服だけでなく男の子の服も選ぶのが本当に楽しい!特に水着やビーチウェア、ドレス、アクセサリーなどは格段に日本より選択肢も多く、気に入ったものが見つかるはず。
シンガポールのみならず、オーストラリアやフィリピンからやってきた日本では購入できない子供服ブランドを紹介する。

アクセントに取り入れたい色使いがポイント。安くてかわいいCOTTON ON (コットンオン)

オーストラリアのカジュアルブランド。GAP(ギャップ)などの位置付けに近くかなりお手ごろな価格帯。ラフな素材が多く、日本人の感覚からすると少し質の点で気になる方もいるかもしれないが、その分デザインに遊びがある。子供服はすぐにサイズが小さくなってしまうことも考えると一定期間と割り切って楽しむといいだろう。意外に男の子の服にも可愛いデザインのものが多いのが特徴。そして女の子の服は、ビビッドなピンクやシルバー、ゴールドをアクセントにした服などポップな色づかいやガーリーなデザインが多く、いかにも海外ブランドといった感じ。特に白人の女の子はおしゃまなおしゃれスタイルをする機会も多く、お友達のバースデーパーティーにはドレスアップしてるし、時には幼稚園にフリフリのドレスやアクセサリーをつけて登園するのも日常的な光景。日本でそのスタイルはちょっと難しくてもアクセントとして取り入れればいつものスタイルがセンスアップできて楽しいと思う。
服だけでなくアクセサリーなども充実しており選ぶのが楽しい。シンガポールに店舗数は20以上。ほとんどの大きなショッピングモールに入っている。
 

日本人ママにも好評。質とセンスを兼ね揃えたSeed Heritage(シードヘリテージ)

シードヘリテージ子供服

こちらのシードヘリテージもオーストラリア発ブランド。価格はコットンオンなどと比較するとやや高くなるがその分品質も向上するといった印象。デザイン性も落ち着いたセンスの良さがあり、デザイン&品質の双方の点で日本人ママのお眼鏡にもっとも叶うブランドではないだろうか。相手の好みを推し量るのが難しいおみやげとして購入するにもイチオシのブランドである。

トロピカルモチーフとよそ行き風のデザインが人気、Gingersnaps (ジンジャースナップ)

“Gingersnap_for_kids”

もともとはフィリピンのブランドらしく、トロピカルな草花やモチーフ、南国独特の色などが特徴。カジュアルなものも見つかるがドレスアップ用のちょっとよそ行きの服が多い。日本の友人や家族へのお土産にするならサマードレスなどを探すとよいだろう。
 

フランス人デザイナーらしいシックなデザインと色使い、Chateau de Sable (シャトー・ド・サーブル)

フランス人がデザイナーがシンガポールで始めたブランド。現在ではアジアに多く店舗展開している。一度は日本にも進出したようだが現在は撤退している様子。フランス人のデザインなだけあって子供服でもシックな色使いのものが多い。素材も触り心地のよいものが使われており駐在員をはじめとしたシンガポールの外国人ママ達に人気。よそ行きのドレスやスマートおしゃれ着を探すなら是非覗いてみてほしい。お誕生日プレゼントなどのかしこまったギフトとしても申し分ないものが見つかるだろう。
 

ハイセンスなシンガポールローカルブランド、Le petit society(プチ・ソサエティー)

シンガポール人のカップルが始めたブランド。シンプルなデザインにグラフィカルな個性が光る。素材もしっかりしており、すぐヨレヨレになったりしない質の良いものだ。オーガニックコットンを使用したものも多い。シンガポール以外にオーストラリアなどにも展開している。シンガポール国内では主に、世界中の子ども用品を扱っているマザーズワーク(Motherswork)やロビンソン百貨店(Robinson)で取り扱っている。
 
Le petit society取り扱い店舗
#Flagship Store
Le Petit Society "In Real Life" Concept Store
6A Shenton Way, Downtown Gallery, #03-10
 
#Motherswork
-Flagship store @ Great World City, 1 Kim Seng Promenade, #02-16
-Compass One, 1 Sengkang Square, #02-10
 
#Bove by Spring Maternity
Suntec City Tower 4, 3 Temasek Blvd, #02–728/729/730
 
#Gallery & Co.
National Gallery SingaporeLevel 1
 
#Robinsons
Flagship store @ The Heeren
260 Orchard Road, Level 5 Kids’ Department

 

アメリカ生まれの老舗ブランド、ESPRIT (エスプリ)

一時は日本でも販売しており根強いファンも多かったが、現在は見かけなくなってしまった。シンガポールには健在。子供服売り場は大人の服の合間に小さくコーナーをとってあるくらいで、商品アイテムはそんなには多くないのだが、そんな中にもセンスの光る服がいつも見つかる。ショッピングモールで見かけたらぜひチェックして欲しいブランドだ。
 
 
だいたいこんなところだろうか。他にもいいブランドがあれば随時紹介したい。
また子供服のショッピングに最適なスポットや、子供服やベビーグッズのセレクトショップなどでも日本とは異なる品揃えの店があるので、別の記事で紹介したいと思う。
なおシンガポールでは一年中夏物の服が販売されていると思われがちだが、冬には冬服の販売となる。子供服売り場は比較的夏物も販売が続くが、それでもオーストラリアのブランドなどでは秋から冬にかけては夏物が品薄になるので注意が必要。