THE LAST PENGUIN...

日々考えたことや誰かの役に立ちそうなことを書きとめておこうと思います。

名物カヤトーストをリッチに”ブリオッシュ”で!ラッフルズの顧客も通う有名店”喜園咖啡店”(YY Kafei Dian)

喜園咖啡店は有名店と知らなければ通り過ぎてしまいそうな店構えのローカルレストラン。ラッフルズホテルのすぐ近くで、宿泊客も朝食を食べにやって来る、と言われている。ラッフルズの朝食を差し置いて食べに来るなんて本当か?と思ってしまうが、お目当はシンガポール名物の一つ、カヤトースト。

カヤトースト(Kaya toast)、カヤジャム(Kaya)とは?

カヤトーストとはココナッツミルク・たまご・パンダンリーフ・砂糖(Gura malaka)をベースに作られる「カヤジャム」(シンガポールではKaya”カヤ”と呼ばれる)とバターを間に塗ってトーストしたシンガポールローカルフード。

パンダンリーフとは和名をニオイタコノキとも言い、タコノキ科の植物。香ばしい甘い香りから「東洋のバニラ」とも呼ばれ、マレーシアやタイなどの東南アジアで料理やお菓子の香りづけに使用される。よく東南アジアのケーキ屋さんでびっくりするような鮮やかなグリーンのスポンジケーキやクリーム等を見かけるが、あれば決して人工着色料ではなく、このパンダンリーフの色だ。そして砂糖は大抵グラマラッカ(Gula Malaka)と呼ばれるココナッツの樹液を煮詰めた黒糖が使用されている。原料からも分かる通り、実はカヤジャムはとてもヘルシーで素朴なローカルフードなのだ。

他店とは一線を画す、喜園咖啡店のカヤトーストの特徴とは?

カヤトーストといえば普通は薄いトーストを2枚使用してバターとカヤジャムを挟んだサンドイッチ状のものだ。このタイプのカヤトーストを手軽に試すなら、ヤクンカヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)が有名で、大抵のショッピングセンターには「亜坤」のロゴが見つかるし、だいたいどこのホーカーにもあるだろう。

だがせっかくカヤトーストを食べるならこの「喜園咖啡店」のカヤトーストを試してほしい。というのもこのローカル店の人気の秘密は、カヤトーストが厚切りのブリオッシュで食べられること。サーブ直前に炭火でトーストされたブリオッシュは外はカリッと、中はふんわり。たっぷりと塗られたバターとカヤジャムがとても美味しい。

それからカヤトーストには、温泉卵のような茹で加減の卵がつきもの。喜園珈琲店では一個単位でオーダーしよう。(一個、S$0.6)。ちょっと醤油をたらしてトーストにつけて食べる。卵とジャムのコクがマッチしてカヤトーストととても相性が良い。最初は小さなティースプーンで卵をすすってるローカルにちょっと面食らったが、今では自分もすすっている。 

喜園咖啡店のカヤトースト

カヤトースト以外にオーダーするなら、キャロットケーキとチキンライスがおすすめ

ちょっと物足りないな、と思ったらレジの隣にあるガラスケースのものも指差してオーダーしてみよう。おすすめはキャロットケーキ(Carrot cake)これはキャロットと呼ばれるが人参ではなく大根でできている。ローカルはチリをつけて食べる。しっかり塩気が効いていて、小腹を満たすのにもぴったりなローカルフード。

さらにチキンライスも人気の様子。大人数でチキンや大きなボールに入ったスープをシェアしているローカルが多い。

カヤジャムをお土産にするなら気をつけること

長らくカヤジャムは「日本では買えないし、シンガポールからの持ち出しもできない。」と都市伝説のように言われていた。気になって理由をしらべてみたことがあるのだが、信ぴょう性のある情報は見つからなかった。カヤジャムの香りと色の元になっているパンダンリーフがその理由なのかな、となんとなく思っていたが真相はわからず。しかし、空港で見つかると没収されるという情報もやはりちらほら。どちらにしても100mlを超えていれば液体物と同様に扱われる可能性が高いので、お土産にする際はスーツケースにいれよう。

カヤジャムのお値段は?はどこで買うのがオススメ?

カヤジャムはスーパーでならプラスチックのパックのものがS$2、3ドルから、大きめの瓶のものならS$5,6と手頃なお値段。ローカルはプラスチック容器が食べ慣れた味なのかわざわざこれを探す人も。

喜園咖啡店のおとなりのラッフルズホテルのギフトショップで購入できるものはS$10以上するが、高級感がありちょっとかしこまったお土産としても良いだろう。尚Hainaneseと書かれているものはパンダンリーフが入っていないので色が黄色い。パンダンリーフ特有の甘い香りが特徴でもあるのでグリーンのカヤジャムがオススメ。それからあまり甘すぎるのが苦手な方は「Less Sweet」とあるものを探すとよい。

カヤトーストに合わせてオーダーしたい、シンガポールのローカルコーヒー、紅茶。

コピ(KOPI)はコンデンスミルク入りの甘いコーヒー。しっかり濃いコーヒーにコンデンスミルクを加えたものがローカルコーヒだ。一般的にマレー語で「コピ」と呼ばれ、ミルクや砂糖の追加も暗号のような独特の呼び方をする。

ちなみにローカルは、以下のようにオーダー。

-コーヒー (+砂糖入り)   →コピー・オー(KOPI-O)
-コーヒー(+練乳入り) →コピー・シー(KOPI-C)  
-ブラックコーヒー    →コピー・オー・コソン (KOPI-O-KOSONG)
-紅茶 (+砂糖入り)     →テ・オー(THE-O)
-紅茶(+練乳入り)   →テ・シー(THE-C)

とオーダーするが、もちろん英語でオーダーしてもちゃんと通じる。日本人の感覚だとかなり甘口で出てくるので、甘すぎるのが苦手なら最後に「Less sweet, please.」と言うといい。

 

#喜園咖啡店(YY Kafei Dian)
Address: 37 Beach Rd, Singapore 189768
Opening hours: 平日は 7:30-21:30、休日は8:00-21:30
Tel: 6336 8813

喜園咖啡店(YY Kafei Dian)以外でカヤトーストを食べるなら

喜園咖啡店は、カヤトーストに関して私のオススメだが、店舗が一つしかないので何かのついでに立ち寄るというのは難しい。わざわざ訪れる時間がない時は、以下のお店がオススメ。どの店も今更紹介するまでもないくらいに店舗が展開されていて、ローカルにも愛されている。
観光の合間「カヤトーストを食べよう!」と思い立ったらいつでも、シンガポールのどこにいても、以下のうちの一つくらいは近くに見つかるだろう。仮にトーストを食べなくてもローカルのコーヒーが、スターバックス等欧米系のカフェ比べ1/3から半額程度で楽しめるし、カヤトースト以外にラクサなどのローカルフードも食べられる。ちょっと休憩するにはもってこいのカフェだ。
キリニー コピティアム (Killiney Kopitiam)
サマセットのキリニーロードにあるキリニー コピティアムが本店。今ではシンガポール全土に10店ほど。カヤトースト他、フレンチトーストなどのトーストメニューに加え、ローカルメニューも充実している。
ヤ クン カヤ トースト(Ya Kun Kaya Toast)
シンガポール全土にあり、どのショッピングモールでも見つかる。4ドルほどで卵もセットになっているのが嬉しい。カヤトーストを手軽に試したいならおすすめのお店。カヤジャムのお土産も購入できる。
トースト ボックス(Toast Box)
シンガポール国内に40店舗はあるチェーン点。こちらもカヤトースト、卵、コーヒーのセットがS$4程度から。