THE LAST PENGUIN...

日々考えたことや誰かの役に立ちそうなことを書きとめておこうと思います。

シンガポールローカルグルメ① バクテーは「松發肉骨茶」(ソンファ・バクテー)で

チキンライスに並んでシンガポールのローカルフードの代表格、肉骨茶(バクテー)。その発祥はマレーシアか、シンガポールかについては議論になっているらしい。どちらにせよ、中国からの労働者が安い骨つき肉をつかって調理し始めたのが起源のようだ。
調理方法はシンプルで豚肉を漢方スープでじっくり煮込んだ料理である。シンガポールのものはスープも透明に近く、様々なスパイスと胡椒、にんにくがしっかり効いている滋養たっぷりの料理。特に胡椒がかなりしっかり効いている。
骨つき肉料理といえばこってりとした料理を想像しそうだが、その名の通りお茶で煮込んであるせいだろうか、コクがある一方、しつこさや脂っこさはあまり感じられない。シンガポールでは朝食に食べるローカルが多いというのにも納得だ。最近では日本でも人気が出てきており、銀座や赤坂ににこの肉骨茶が食べられる店ができ、人気を博しているようだ。
 

シンガポール観光に来たらなぜまずは肉骨茶(バクテー)を食べるべきなのか。

シンガポールでは世界中の料理が食べられる反面、輸入に頼っているため原料コストも高いし、新鮮な食材も手に入りにくい。その結果、日本のクオリティと比較すると美味しいとは言えなかったり、クオリティに対してびっくりするほど高いレストランも正直多い。そんな中でもやはりシンガポールローカルフードはシンガポールで食べるのが一番美味しくてコストパフォーマンスも良いと感じる。したがって友人が日本から遊びに来た時に真っ先に連れて行くのは美味しいローカルフードが食べられるローカルレストラン。そしてその中でも代表的なのが、この松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)やチキンライスの人気店だ。そして帰国の際に「美味しかった食事」として名前が挙がるのもやはりこう言ったローカルフードレストラン。しかもこれらの店はお値段もリーズナブルで、レストランでの食事が日本よりも断然高いシンガポールでも手ごろな価格で楽しめる。
シンガポールに来たら「肉骨茶を食べる!」は絶対体験すべきイベントなのだ。

 

バクテーを食べるならオススメの店は、松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)

さて、シンガポール観光で肉骨茶を食べるならオススメのローカル店が、「Song Fa Bak Kut Teh」(ソンファバクテー)。
私は他の有名店にもいってみたことがあるが、一巡してこの店に戻ってきた。あちこちに店舗があるので行きやすいというのもあるかもしれないが、やはり味が良いと思う。
スープはシンガポール風の少し白く濁った透明スープ。

松發肉骨茶に行くならどの店舗?

松發肉骨茶(ソンファ・バクテー)は、シンガポール島内に6−7店舗もある人気ローカルフード店。特にClark Quay(クラークキー、11 New Bridge Road)の店、China Town店(チャイナタウン店)やOrchard店(オーチャード店)など、観光スポットにも店舗が豊富なので、観光の予定に合わせて訪れやすいのも嬉しい。
その中でも、クラークキーの店舗は昔ながらのレトロなムードで植民地時代を思わせる素敵なお店。人気があり混んでいることが多いので、週末の昼時などは並ぶ覚悟となるが、予約は受け付けていないので直接店舗に出向こう。クラークキーの駅から道路を渡ってすぐだ。

松發肉骨茶のおすすめのメニューは?

Song_Fa_Bak_Kut_Teh_(おすすめメニュー_ソンファ・バクテー)

1. まずはメイン。定番の「排骨肉骨茶」

英語ではPork Rib Soup(ポークリブスープ)S$7。これこそがバクテーと呼ばれているものだ。スペアリブ数本と皮ごと煮込んだニンニクが数個、スープに入ってくるシンプルな一品。スープは何度でもお代わりできる。スペアリブはそのまま食べてもいいし、テーブルに置いてある甘めの醤油(ダークソイソース)をつけてチリと一緒に食べてもまた美味しい。
他に豚足が好きな方には、Braised Pig’s Trotterという豚足煮込みがある。こちらもご飯によく合う。

2. それからサイドディッシュとして小菜(青菜)を

青菜はいくつか種類があるので好きなものを選ぼう。店舗によって少しメニューが違うのだが、クラークキーの店なら以下の3種類から選べると思う。
菜心(Cai Xin)は、割と一般的な中国野菜。日本の野菜でいうと小松菜が一番近いように思う。
小白菜(Xiao Bai Cai)は、青梗菜(チンゲンサイ)のこと。
芥藍(Kai Lan)は、英語ではChinese Kaleとも呼ばれブロッコリーの仲間。茎が太めでコリコリと歯ごたえがある。
どれも中華系のレストランではポピュラーなので覚えておくと他の店でオーダーするときも便利。

それからオススメなのが、Salted Vegetable(塩漬野菜)。カラシナ(高菜はカラシナの変種とのこと。英語ではGreen mustard)を使った軽い漬物で高菜のオイル炒めに少し酸味を加えたような味。これもご飯と肉骨茶にマッチしてスペアリブがさっぱり食べられる。定食のようなセットメニューのある肉骨茶店ではセットの中に必ず入ってくるが、ソンファ・バクテーでは単品注文なので私は必ずオーダーしている。

3. 最後にご飯(Plain Rice)をオーダーする

ローカル風に楽しみたいなら油条と言われる揚げパン(Dough Fritters)をオーダーするのも良い。バクテーのスープに浸して食べるのが通の食べ方だ。またご飯の代わりに「面线汤」(Mee sua plain)をオーダーしても良い。これはそうめんのように細い麺で、バクテーのスープに入ってくる。何かに似ているな、と思ったら日本の豚骨ラーメンだった。

4. 飲み物は何がおすすめ?

まずは、やはりライムジュースだろうか。ソンファ・バクテーにはアルコールは置いていないし、クラークキーの店はクーラーも効いていないのでさっぱりして暑さが和らぐ。
本来バクテーには中国茶がつきもののようで、クラークキーの店舗の一部の席は、中国茶を入れられるように、壁に小さな蛇口がしつらえてある。これが何ともレトロなムードを生み出しているのだ。中国茶にはいくつか種類があるが私のおすすめは「桂花烏龍」(Osmanthus Oolong)という金木犀(キンモクセイ)の香りのお茶だ。香りがとても素晴らしい。
 
毎日が真夏日のシンガポール。エアコンの聞いた部屋での食事もよいが、自然風の中、熱い肉骨茶を食べるというのも、なかなかシンガポールらしい良い体験だと思う。そしてもし松發肉骨茶の肉骨茶が気に入ったら、ぜひ他の店のバクテーも食べてみてほしい。店によって結構個性が出るので、自分の気にいった味のローカルフード店を探すのもシンガポール観光の楽しみになるのではないだろうか。
 
#松發肉骨茶Clarke Quay店
11 New Bridge Road, #01-01,059383  Tel:+65 6533 6128
Opening Hours: Tuesday to Sunday 9am-9:15pm (Closed on every Monday)
 
#松發肉骨茶Chinatown point店
133 New Bridge Road, #01-04, 059413  Tel:+65 6443 1033
Opening Hours: 10:30am-9:30pm (Open Daily)
 
#松發肉骨茶The Centrepoint店
176 Orchard Road, #02-29/30 238843  Tel:+65 6734 8498
Opening Hours: 10:30am-9:30pm (Open Daily)